「ブルーグリーンアルジー」ドットオレゴン
HOME ブルーグリーンアルジー(AFA)の特徴 主要栄養素 期待される効果 情報館

ブルーグリーンアルジー(AFA)は、体細胞の原型

地球上に最初に誕生した生物

ブルーグリーンアルジーは、35億年前に地球上に誕生した、生命の起源といわれる異生物です。光合成を行う植物に近い生物でありながら、その栄養構成や細胞の構造が動物に近いのが特徴です。

ホリスティック・フード…体細胞の原型

  • ブルーグリーンアルジーが含有している栄養素は、人間の体内で消化吸収されやすい構造やバランスになっています。
  • ブルーグリーン・アルジーが含有する必須アミノ酸の構成比率、そして必須不飽和脂肪酸のバランスは、人体の理想値に近い数値です。また、50種類のミネラルを含み、特に、ナトリウムとカリウム、マグネシウムとカルシウムのバランスは、人間の体細胞のバランスに近似しています。
  • ブルーグリーンアルジーは、さらに体内で必要とされるビタミンや色素(β‐カロテン、クロロフィル、アスタキサンチンなど)も豊富です。

>> 次のページは、食品としての特徴

Copyright (C) 2006 bluegreenalgae.org. All Rights Reserved.