「ブルーグリーンアルジー」ドットオレゴン
HOME ブルーグリーンアルジー(AFA)の特徴 主要栄養素 期待される効果 情報館

ブルーグリーンアルジー(AFA)の期待される効果

皮膚のケア

ブルーグリーン・アルジーが豊富に含有するベータカロチンは発疹、損傷組織の治療、皮膚の再生に有効です。

ビタミンAは細胞組織の成長と維持に不可欠で、これが欠乏すると皮膚疾患が必ず発生します。

皮膚の健康には、ほかに亜鉛、クロミウム、セレニウム、ビタミンE、パントテン酸、ビタミンB群、核酸、ビタミンCおよびナイアシンが必要です。

ブルーグリーン・アルジーはこれら全てを含有しています。

ブルーグリーン・アルジーは湿疹、皮膚炎、にきび、いぼ(ウイルス性)、顔面庖疹に対し効力があり、必須不飽和脂肪酸(GLA)を豊富に含有しています。

この必須不飽和脂肪酸には、脂肪代謝の異常(多くの皮膚疾患の原因)を正常化する働きがあります。

またブルーグリーン・アルジーが豊富に含有する葉緑素には、血液から毒素(発疹の原因)を除去する作用があります。

皮膚はしばしば肺、腎臓あるいは肝臓の健康状態を反映します。

これらの臓器の状態が悪い時は、毒素が皮膚から出てきます。

ブルーグリーン・アルジーの分子には、毒素を除去し、肝臓や腎臓を保護・再生する働きがあります。

>> 次のページは、ダイエット、体重減量

Copyright (C) 2006 bluegreenalgae.org. All Rights Reserved.