「ブルーグリーンアルジー」ドットオレゴン
HOME ブルーグリーンアルジー(AFA)の特徴 主要栄養素 期待される効果 情報館

ブルーグリーンアルジー(AFA)の期待される効果

肝疲労の予防

不十分な食生活、ストレスの多い生活スタイル、薬品、アルコールおよび環境汚染等が肝臓に障害を引き起こします。

ブルーグリーン・アルジーは肝機能低下に対する多分ベストな自然療法と云えるでしょう。

ブルーグリーン・アルジーはビタミンB12(有毒物質から肝臓を守る機能)の含有度が高く、B12は主に肝臓に貯えられています。

B12が欠乏すると、肝機能も弱められます。

ブルーグリーン・アルジーはコリンを含有する数少ない藻の一つです。コリンが欠乏すると、肝臓の脂肪変性および便秘等が起ります。

ブルーグリーン・アルジー は肝臓で解毒作用を行うメチオニンも含有しています。

肝臓は感染やバクテリアと闘う為に高質且つ同化しやすい蛋白質を必要とします。

ブルーグリーン・アルジーは全必須アミノ酸を人体が必要とする構成に近い形で含有しており、血流に直接吸収されます。

更に、豊富に含有するベーターカロチンは肝機能上、重要な役割を果たします。 高脂肪食品、保存食品および加工度の高い食品の摂取を続けると、肝臓に負担がかかり、ベータカロチンが欠乏します。

ブルーグリーン・アルジーはベータカロチンを豊富に含有しています。 そのほか、ビオチン、イノシトール、ビタミンC等肝臓をサポートする栄養素がブルーグリーン・アルジーには含有されています。

ブルーグリーン・アルジーには人体の肝臓内にある色素ビリルビンと同種の青色色素フィコシアニンが含有されています。

この色素は肝臓の正常機能とアミノ酸の消化の為に不可欠です。

>> 次のページは、脳機能(記憶集中力向上)

Copyright (C) 2006 bluegreenalgae.org. All Rights Reserved.