「ブルーグリーンアルジー」ドットオレゴン
HOME ブルーグリーンアルジー(AFA)の特徴 主要栄養素 期待される効果 情報館

ブルーグリーンアルジー(AFA)の期待される効果

低血糖症の改善

低血糖症の徴候として、めまい, 頭痛、甘味品に対する飢え、物質依存また濫用、イライラ、元気喪失、混乱、不安・心配、慢性的空腹感等が挙げられます。

脳は適量の血糖を必要とするため、低血糖症は精神プロセスに悪影響を及ぼします。

ブルーグリーン・アルジーは消化・吸収されやすい炭水化物(エネルギー源)を十分に含有している上に、ブルーグリーン・アルジーの蛋白質には、低血糖症の場合も高血糖症(糖尿病)の場合にも、血糖値が上下に大きく変動することを防ぐ働きがありますので、低血糖症のコントロールに理想的な食品です ブルーグリーン・アルジーの蛋白質は消化・吸収されやすく、かつ理想値に近い含有量であるため、副腎、肝臓、すい臓の糖分調節機能の修復をサポートします。

ブルーグリーン・アルジーはその蛋白を最も利用しやすいグリコ蛋白の形で供給します。

ブルーグリーン・アルジーを摂れば、体の中でリポ蛋白からグリコ蛋白に転換する必要もなければ、そのための代謝エネルギーも不要(動物性食品やそのほかの食品では必要)です。

低血糖症の患者には、高蛋白食品が必要ですが、食肉の蛋白は必ずしも最適な蛋白とは云えません。

肉の摂取量が増えると過剰尿あるいは過剰尿酸の状態に陥り易くなります。尿酸が飽和状態になると腎機能を弱めます。

>> 次のページは、抗炎症

Copyright (C) 2006 bluegreenalgae.org. All Rights Reserved.