「ブルーグリーンアルジー」ドットオレゴン
HOME ブルーグリーンアルジー(AFA)の特徴 主要栄養素 期待される効果 情報館

ミネラル

50種のミネラル

必須ミネラルを全て含有しており、さらに50種以上ものミネラルが理想的なバランスで含まれています。

高い体内吸収率と同化率が期待できます。このようなバランスを人工的に作り出すことは、ほぼ不可能です。特に多く含まれるコバルトと鉄分は、血液の質を高め、感染や病気に対する抵抗力を増すといわれます。

ホウ素

ビタミンDを活性化する。ボロンとも呼ばれる。カルシウムの代謝や骨の形成に関わる。

コバルト

ビタミンB12の構成成分として働く。造血や神経機能に関わる。

ヨウ素

甲状腺ホルモンの主要成分。ヨードとも呼ぶ。甲状腺機能、髪、皮膚、成長、肥満に関わる。

マグネシウム

数多くの代謝酵素を働かせることに関係する成分。精神の安定、心臓、血圧、体温、骨組織の代謝、筋肉に関わる。

リン

体内全ての細胞に存在する成分。骨や歯の形成と維持に必要。細胞膜構成、神経機能、筋肉機能、糖質代謝などに関わる。

セレニウム

セレンともいう。酵素・グルタチオンペルオキシダーゼの構成成分。活性酸素の発生を防ぐ。目、血管、皮膚、筋力、心臓、免疫力に関わる。

ナトリウム

ソディウムともいう。体液のバランスを保つのに必要。食塩から摂りすぎの傾向があるため、摂取量には注意が必要。

フッ化物

歯や骨にごく微量含まれる元素。アメリカでは虫歯予防のため飲用水に添加されている。

カルシウム

骨や歯の形成と維持に深く関係する。体内では99%が骨に存在する。その他精神安定、心臓、筋肉機能に関わる。

ゲルマニウム

免疫機能、抗酸化、毒素排出に関わる。

赤血球を構成するミネラルとして、体内での酸素運搬に重要な働きをする。脳をはじめ体全体に酸素を供給し、機能を高める。

マンガン

酵素の活性化や抗酸化、糖・脂質・たんぱく質の代謝、骨や軟骨の形成、甲状腺ホルモンの生成に関わる。

カリウム

ポタシウムともいう。細胞内にあって水分量を調整する。余分なナトリウムの排出も促す。腎臓、心臓や腸の筋肉、血圧に関わる。

シリコン

ケイ素ともいう。骨、腱、血管、歯、爪などの結合組織を強化したり、動脈硬化を予防する。

亜鉛

たんぱく質やホルモン合成など、新陳代謝に関わる。脱毛、発育、新陳代謝、生殖能力の維持に関わる。

硫黄

髪、皮膚、爪をつくるたんぱく質に関わる。軟骨や腱、骨にも存在する。ビタミンB1やパントテン酸と組んで補酵素となり、糖質や脂質の代謝に働く。解毒や胆汁分泌にも関与する。

リチウム

白血球を増加させる、血圧を下げる、生体リズムを整える、自律神経や不随意神経の機能に関わる。

バナジウム

インスリンの効きをよくして糖尿病を防ぐ。

鉄をヘモグロビンに変換するのに要する。骨、皮膚、髪、免疫機能、抗酸化に関わる。

>> 次のページは、たんぱく質・アミノ酸

Copyright (C) 2006 bluegreenalgae.org. All Rights Reserved.