「ブルーグリーンアルジー」ドットオレゴン
HOME ブルーグリーンアルジー(AFA)の特徴 主要栄養素 期待される効果 情報館

ビタミン

13種のビタミン

ビタミンB群が非常に豊富です。さらに、ほとんどの藍藻類には含まれていないコリンが豊富です。コリンは脳神経系や肝臓などの細胞膜、神経伝達物質アセチルコリンを構成する重要な物質です。  .

β‐カロテン

β‐カロテン:体内でビタミンAに変化する、色素の一種。体内で必要量だけビタミンAになり、残りは蓄積される。抗酸化作用が高い。皮膚、粘膜、目、コレステロール、免疫力に関わる。

ビオチン

ビタミンB7またはビタミンHとも呼ばれる。炭水化物や脂肪、たんぱく質の合成に関わる成分。髪、皮膚、精神面、体力面に関わる。

コリン

ビタミンB群の仲間で、神経伝達物資アセチルコリンやホスファチジルコリン、レシチンの材料となる。血圧、肝臓、脳(記憶)に関わる。

葉酸

ビタミンB群の仲間で、ビタミンB12と共に造血にはたらく。貧血、皮膚、心臓、抵抗力に関わる。

イノシトール

ビタミンB群の仲間。肝臓、コレステロール(動脈硬化)、髪、皮膚に関わる。

ナイアシン

ビタミンB群の仲間で、ニコチン酸とニコチンアミドの総称。脳、皮膚、血液循環、コレステロール、中性脂肪に関わる。

パントテン酸

脂肪を分解してエネルギーを作ったり脂質やアミノ酸などを体内で作るのに必要な成分。コエンザイムAの補酵素の一部として働き、様々な物質の合成と分解に関わる。髪、皮膚、抵抗力、血圧、ストレスに関わる。

ビタミンB6

ピリキドシンとも呼ぶ。たんぱく質や炭水化物を分解してエネルギーを作ったり、ギャバ(神経伝達物質のひとつ)やヘム(赤血球の色素成分)、核酸などを合成するのに必要な成分。皮膚、粘膜、血液、肝臓に関わる。

ビタミンB2

脂肪を分解してエネルギーを作るのに必要な成分。髪、皮膚、視力、動脈硬化、成長に関わる。

ビタミンB1

炭水化物を分解してエネルギーを作るのに必要な成分。成長、心臓、精神の安定、筋肉疲労に関わる。

ビタミンB12

炭水化物や脂肪を分解したり、核酸を合成するのに必要なビタミン。体内では合成できない。記憶力、集中力、神経の安定、貧血に関わる。

ビタミンC

アスコルビン酸とも呼ばれる水溶性ビタミン。抗酸化、コラーゲン合成、ホルモン合成、鉄分やビタミンEの吸収、免疫力、皮膚、骨、体力など多数の機能に関わる。

ビタミンE

強い抗酸化力を持つ脂溶性ビタミン。皮膚、動脈硬化、血行、体力に関わる。

 

>> 次のページは、ミネラル

Copyright (C) 2006 bluegreenalgae.org. All Rights Reserved.